札幌のお片付け引き受けます!お問合せ→050-5317-6560

札幌市南区在住のS様(70代)の遺品整理

遺品整理のお仕事

こんにちは。
先日、遺品整理のご依頼を頂き、作業させて頂きました。
その時の様子と、お客様からの言葉を紹介させて頂きます。

ご依頼者:札幌市南区在住 S様 70代

今回は札幌市南区在住のS様のご自宅に寄らせて頂き、遺品整理をさせて頂きました。
作業依頼自体はS様からの娘さんからのご依頼でした。

遺品整理では一度、見積もりにお伺いさせて頂きまして、作業日、作業時間、見積金額を提示させて頂き、納得頂けた場合に契約となります。
今回も作業前の見積もりにお伺いしてまずは、状況をお伺いしました。

最愛の旦那様が亡くなられ、旦那様が使っていた「書斎を整理して欲しい」との内容でした。
書斎を拝見すると、ぱっと見は雑然とした印象を受けますが、旦那様なりのこだわりで分類されており、整然としたたたずまいを醸し出す書斎でした。
作業時間は2時間程度、作業見積もりを計算し見て頂きました。

「ではその金額でお願いします」

との事で、作業日は複数の候補の中からS様のご都合の良い日を選んで頂きました。

遺品整理当日

改めて遺品整理の当日にお邪魔させて頂き、作業手順の確認をさせて頂き作業を開始しました。
自宅の片付けとは違い、遺品整理では「思い出の品」を分類する作業から取りかかります。
思い出の品は他人の目からは判断が付かないことが多いです。
ぱっと見ガラクタにしか見えない様な物がご家族にとっては大切な思い出の品である場合が往々にしてあります。

きちんと残しておきたい思い出の品を分類して大切によけさせて頂いてから片付け作業が始まります。
ゴミとして分類する物、年代物ではあるけれど価値のある物、リサイクル可能な物に分類して、ゴミはどんどん搬出し、価値のある物やリサイクル可能な物は買い取り金額を提示させて頂き、お売り頂けるか確認して頂きます。

野球観戦が好きだった旦那様が持っていた北海道日本ハムファイターズの新庄選手のサイン入りバットは非常に価値のある物だったので高値を提示させて頂きましたが、

「これにそんな価値があったんですか!主人を懐かしむのに手元に置いておきます」

とのことでしたので、思いでの品として分類させて頂きました。

作業は予定通り2時間ほどで終わり、作業代金を頂いて帰路につきました。

ご依頼者の娘さんからの言葉

父親が亡くなった際に遺品として書斎にあるものの整理を行うことになりましたが、わたしや兄弟たちの誰もが忙しく、母親を手伝うこともできないと思ったため。
近所で遺品整理を行っている業者を探して依頼することになりました。
連絡して、遺品整理の日程を決め、わたしたちはそれぞれ自分の家に帰りましたが、後程聞いた母親の業者への評価は高いものでした。

まず、指定していた時間通りに来てくれ、すぐに作業に取り掛かってくれたのですが、その作業も丁寧に扱っている様子が感じ取れたらしいです。
遺品一つ一つを母親に確認させてくれ、それをもとにリスト化し、要るものと要らないものに分けた後に指定の段ボールにまとめてくれたようでした。

わたしも後日、遺品整理が終わったということで確認しに実家に行ったのですが、邪魔にならないようにまとめられており、どこに何が入っているかわかりやすいようになっていました。
要らないものも回収してくれたり、高く売れる物は買い取りまでまとめてしてくれたので大変助かりました。

この度は、遺品整理のご依頼を頂き大変ありがとうございました。

お父様を亡くし遺品整理の必要がありながらも、皆さんそれぞれ自分の生活があるのでなかなか時間が取れない。
そんな時にこそ私達のような片付け業者にご依頼頂ければと思います。
お問い合わせ頂いた時には「お金で解決することに若干の後ろめたさがある」との事でしたが、遺品整理は思い出の品がある分、時間も掛かりますし大切に扱う事が大切です。
そこを代行させて頂く私達も「生前の方に申し訳ないことがないように」と細心の注意を払って作業させて頂いています。

遺品整理が必要になった方は「片付屋.com」にお問い合わせください。
札幌市内、札幌近郊の遺品整理をお受けします。

片付屋.comへのお問い合わせは、Tel:050-5317-6560にお電話頂くか、【お問い合わせフォーム】からお申し込み下さい。